全国の建設業許可手続き(新規許可申請・経営事項審査・電子入札)の顔が見える専門家(行政書士)をご紹介。

建設業許可申請全国マップ » 建設業許可の基礎知識 » 経営業務管理責任者とは?

建設業許可の基礎知識

経営業務管理責任者とは?

経営業務管理責任者の要件は法人の場合・個人の場合で異なります。それぞれ解説しておりますので、ご自身の組織形態に応じて参考にして頂ければと思います。

法人の場合

常勤の役員

常勤とは?

休日、その他勤務を要しない日を除いて、一定の計画のもとに毎日所定の時間中、その職務に従事していること。

役員とは?

株式会社または、有限会社の代表取締役(または取締役)、合資会社の代表社員(または無限責任社員)、合名会社の社員、民法の規定による社団法人・財団法人・協同組合・協業組合等の理事のこと。経営業務の管理責任者は、建設業の経営者として、建設工事を請負い営業してきた人で、所定の年数をクリアしている必要があります。

注意点

許可の要件でもっとも重要と言われる「経営業務の管理責任者」ですが、建設業許可を持っている会社で、役員を5年以上している方は、この部分の要件はクリアー(その会社の建設業許可申請書の副本や、経営事項審査の副本等、および登記簿謄本などを提出することで証明できる)ですが、個人事業主として建設業を行ってきた方や建設業許可のない会社で役員をしていた方が、「経営業務の管理責任者」となるためには、所定の年数の営業経験年数を証明するために、請求書・領収書の控えや工事請負契約書などを所定の年数分持参する必要があります。

個人の場合

事業主・支配人(支配人登記簿に登記されている者のみ)である人のうち、建設業の経営業務に関して営業取引上対外的に責任を有する地位にあり、かつ、下記に挙げたいずれかの経験がある人のことをいいます。

経営業務の管理責任者としての経験

経験のある建設工事と申請業種が同一の場合

許可を受けようとする建設業に関し、次のいずれかの地位にあって5年(60ヶ月)以上経営業務の管理責任者としての経験があること。

  • 法人の役員
  • 事業主・支配人(支配人登記簿に登記されている者のみ)
  • 支店長または営業所長等(請負契約の締結権限等がある者に限る)

例えば、土木一式工事の経験で、土木一式工事業の建設業許可を受けたい場合は、5年(60ヶ月)以上です。

経験のある建設工事と申請業種が異なる場合

許可を受けようとする建設業に関し、次のいずれかの地位にあって7年(84ヶ月)以上経営業務の管理責任者としての経験があること。

  • 法人の役員
  • 事業主・支配人(支配人登記簿に登記されている者のみ)
  • 支店長または営業所長等(請負契約の締結権限等がある者に限る)

例えば、電気工事の経験で、管工事業の建設業許可を受けたい場合は、7年(84ヶ月)以上です。

経営業務管理責任者に準ずる地位の場合

許可を受けようとする建設業に関し、7年以上経営業務の管理責任者に準ずる地位(常勤であることが必要)であって、経営業務を補佐した経験があること。役員または事業主に次ぐ職制上の地位にあった者で、建設業の経営業務を補佐した経験がある者。

銀行融資を断られた方でも資金調達可能な「ファクタリング」とは?

「売掛金」がある方のための新しい資金調達方法で、銀行返済の条件変更中(リスケジュール)でも赤字決算、債務超過でも、担保不動産、保証人がなくても利用可能です。

利用条件はたった2つ。
  • 事業資金専用のサービスであること(生活費や教育ローンには利用できません。)
  • 100万円以上の売掛金が必要であること
売掛金をお持ちで急な事業資金を調達する場合はこちら(まずは10秒カンタン無料診断)



※資金調達プロの担当者より、ファクタリングのご説明の電話がございますので、貴社の資金調達の件についてまずはご相談ください。




お申し込み特典「公的融資実践レポート」

建設業許可申請全国マップサービス案内


専門家PICKUP

行政書士齋藤史洋事務所

齋藤史洋
行政書士齋藤史洋事務所
(中央区)

行政書士齋藤史洋事務所の詳細を見る



建設業許可申請の専門家の皆様へ

建設業許可申請全国マップに登録しませんか?各地域3名限定!随時募集中!


建設業許可申請全国マップが新しくなりました!より使いやすく、より便利に!これからも当マップをよろしくお願いします! 2009.06.12