全国の建設業許可手続き(新規許可申請・経営事項審査・電子入札)の顔が見える専門家(行政書士)をご紹介。

建設業許可申請全国マップ » 建設業許可の基礎知識 » 「一般」と「特定」許可の違い

建設業許可の基礎知識

「一般」と「特定」許可の違い

一般建設業許可と特定建設業許可の違いは何ですか?

特定建設業許可が必要となるのは、元請として契約し受注する場合に限ります。

特定建設業許可と一般建設業許可の違いは、元請として受注した1件の工事を、下請業者に合計3,000万円(建築一式工事の場合は4,500万円)以上の金額で発注するかどうかです。

工事の全てを下請として受注する場合

 

一般建設業許可

※この場合(=下請けとして受注した場合)は、次の下請業者に出す場合の金額の制限はありません。

工事を元請で受注し、下請に出す場合

※下請に出す場合の契約金額(消費税込み)の額で決定します。(複数の下請業者に出す場合はその合計額)

建築一式の場合

合計4,500万円未満しか下請に出さない → 一般建設業許可
合計4,500万円以上を下請に出す → 特定建設業許可

建築一式以外の場合

合計3,000万円未満しか下請に出さない → 一般建設業許可
合計3,000万円以上を下請に出す → 特定建設業許可

※いずれにせよ一括下請(いわゆる丸投げ)は、「建設業法第22条」および「公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律」により禁止されています。尚、一括下請の禁止は、2次以降の下請にも同様に適用されますのでご注意下さい。

創業融資支援なら審査通過率90%、平均融資金額1000万円以上のKIK

  • 自信があるから、完全成功報酬
  • 完璧な審査書類の作成
  • 公認会計士がすべて対応
  • 徹底した事業レビュー
創業融資サービスKIK





お申し込み特典「公的融資実践レポート」

建設業許可申請全国マップサービス案内




建設業許可申請の専門家の皆様へ

建設業許可申請全国マップに登録しませんか?各地域3名限定!随時募集中!


建設業許可申請全国マップが新しくなりました!より使いやすく、より便利に!これからも当マップをよろしくお願いします! 2009.06.12